施工管理の採用について

作業員

未経験者でも応募可能

将来的に施設の老朽化や災害への対策などが必要になると考えられている現代において、工事を安全かつ予定通りに進められるよう、現場をまとめていく施工管理はニーズが高く採用につながりやすい仕事と言えます。また、施工管理には、「土木施工管理技士」や「建築施工管理技士」などの計6種類の資格があり、それぞれに1級と2級とがあります。施工管理技士は国家資格となるため、「施工管理の仕事がしたい」と思っても採用されるのは難しいのでは?とお思いの方もいるかもしれません。ですが、実際には試験を受けるのにそもそも実務経験が必要とされているのです。そのため、求人の中には「未経験者でもOK」と書かれている場合も多くあります。知識や経験がなくても、実務に携わりながら施工管理の知識を学ぶことができるため、「手に職をつけたい」「将来的には資格を取得したい」という方にとっても挑戦しやすい仕事とも言えるでしょう。ただ、施工管理は工事の全体を把握し、指示を行う立場となるため、採用の可能性を高めるために学んでおきたいものはいくつもあります。例えば工程や予算を管理するためのパソコンのスキルや、製図に欠かせないCAD(キャド:コンピューターによる支援設計)の知識。これらは実務に直結するため評価されやすく、採用につながる見込みが高くなります。また、施工管理は多くの人々と関わるため、コミュニケーション力や全体を引っ張っていく力も求められます。積極的に採用を進めている企業もあるので、少しでも施工管理の仕事に興味のある方はぜひご検討ください。

Copyright© 2018 貿易事務の転職に成功させる秘訣|英語力も向上する一石二鳥のお仕事 All Rights Reserved.