貿易事務で働こう

物流

海外顧客との取引はおまかせ

事務職で転職を考えている方なら一度は「貿易事務」という職種を検討したことがあるのではないでしょうか?やりがいもありグローバルに英語も使用しながら働け、しかも一般的な事務職よりも給料も良い会社も多いとなれば興味を持つ人も少なくありません。しかし、「未経験者には敷居が高いと感じてなかなか貿易事務への転職に踏み切れない」といった一般の声も耳にします。そんな貿易事務を目指したい人に押さえておきたい基本知識や豆知識をお伝えします。貿易事務とは取引先への書類作成や申請、手続を行う仕事です。これは一般的な事務職と同じなのですが取引先は海外の顧客がメインになりますので、文化の違う方とスムーズに取引が行えるようにするのが大切な仕事になるのです。貿易事務になるためには高いスキルと英語力が必須になる場合が多いのですが、取引先との契約書は定型文がほとんどできちんと正確に作成できれば心配することはありません。また留学経験がなくても自己啓発で英語をしっかり学んでいる人ならば必要以上に心配することはありません。会社によっては国内顧客に書類の発行や回収をするお仕事を貿易事務がするというケースもあり仕事内容によっては語学力が問われないこともあります。未経験で最初から貿易事務の正社員になることへ不安を感じる場合や貿易事務のスキルを身に着けてから転職を考えている場合は、派遣社員としてスキルを磨くのもおすすめの方法です。派遣先での働きが認められそのまま正社員に転職した体験談もありますので未経験だからと足踏みするのではなく興味がある際はチャレンジしてみましょう。

Copyright© 2018 貿易事務の転職に成功させる秘訣|英語力も向上する一石二鳥のお仕事 All Rights Reserved.